個人病院の基本情報を知りつつ自宅近くで頼れる個人病院を探すための医療情報サイト

自宅の近所で頼れるかかりつけ個人病院を探す

かかりつけ病院の役割と探し方

医院やクリニックは病院に比べると医療行為に限界があるため、かかりつけの医療機関はより高度な治療ができる病院が望ましいのですが、保険外併用療養費が導入されたことによって、かかりつけの医療機関として国立の病院及び市立病院に代表されるような、規模の大きい病院を選ぶことは難しくなってしまいました。

よって、かかりつけの医療機関を探すのであれば、規模の小さい病院、つまり、個人病院が狙い目なのですが、個人病院に限らず、医療機関に対し求めるものには個人差がありますし、かかりつけにする以上、万人ではなく当事者にとって良い病院であることが重要となりますので、面倒かも知れませんが、一度診療を受けて病院や医師との相性を確かめ、場合によっては医院やクリニックといった診療所も視野に入れ、かかりつけの医療機関を決めてください。

近所で頼れる個人病院をかかりつけ病院に

同じ医療機関であるとはいえ、病院と医院やクリニックといった診療所とでは、可能となる医療行為に明確に差があり、病院でなければ受けられない高度な医療行為も少なからずありますので、かかりつけに選ぶ場合、やはり病院が望ましく、自宅との距離や保険外併用療養費を考慮すれば、住宅地に近い立地であることも少なくない個人病院から、かかりつけ病院を探すのがベターでしょう。

ちなみに、個人病院は病院長が負う責任が大きいため、基本的に技能が低い医師が開業している可能性は低く、世襲の病院を除き、医師の技能を心配する必要性はあまりありませんが、フィーリングによる相性はどうしてもありますし、持病を抱えていなければ、診療所をかかりつけの医療機関に選んでも大きなリスクはありませんので、かかりつけの医療機関はフィーリング重視で選ぶべきです。